くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
全国市民政治ネットワーク全国交流集会2014
2014年7月19日~20日 2年に一度の全国交流会

今こそ、市民政治を拡げよう

テーマは「議会改革」
2014全国交流集会


講師は元安孫子市長福島浩彦さん。

その後、北海道・長野・神奈川・東京・埼玉各ネットから議会改革での実践報告がされた。

福島さんは、市民自治とは何か、様々な事例で話された。

「国の消費者庁長官をやってみて国ができることも沢山あると分かったが、
真に地域を替えようと思ったら、市民から・自治体から変えなければならない。
市民が力をつけるしかない、変わるしかない。」
と繰り返された。 逆は国家から出発。
今の安倍政権は全くすべて国家から出発している。

地方分権は、私たちが自治をするために行う。それは私たちが幸せになるため。
自治とは何か?
徹底的に市民一人一人から出発すること。
市民一人一人が何をしたいのか? どんな社会が良いのか?
私たちの思い・対話  ⇒ 合意 ⇒ 社会の形成

少子化・人口減少を一つのチャンスとした街づくりを
小さくするときこそ、創意工夫が必要。
自分たちで決めて、実行していく。
・・・・・略
国からの通達はどれくらい来ているか?
実は何もない。通知に代わり、強制力は何もない。
自治体が各自治体事情に合わせて解釈して良い。
・・・・略
議会は意思決定機関
議員は支援者の利益を代弁して良い。
但し、議会では議員同士が議論し、合意し
首長・行政を動かしていく
・・・・略
議会基本条例とは何か? それは自治体の憲法。
市民が議会・行政を縛るもの。
議会の権限が確立するのではない。
住民の権利を明確にしてこそ、お飾りでなくなる。
「議会は、請願・陳情を町民による政策提案として位置づけ、
その審議においてはこれら提案者の意見を聴く機会を設けなければならない」
としているのは栗山町議会。

ちなみに千葉市では請願・陳情で提案者は発言機会は与えられるが、
その間委員会は休憩となり、記録はとらない。
議員同士の討議に提案者は発言できない。
「政策提案者」としての位置づけからは程遠い。
・・・・・・・・・・・・・・・
新しい情報がいろいろあり、私たちにも何かできることがありそう。
とても実のある、嬉しい講演でした。
                                                          鈴木明子







市民ネット活動★県内 | comment(1) | TB(0) |

コメント

管理人にのみ表示

本当に嬉しかったです。
いきなりここに書くことを許してください。
母子家庭で7歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
ある人に出会わなければ私の人生は何も変わっていなかったと思います。
一生使い切れないほどの大金を手に入れてしまったんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本気で知りたいという人は連絡してください。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
メールもらえたらすぐに返事出しますから。
夢路花 | URL | 2014/07/29/Tue 23:59 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。