FC2ブログ
くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
政治的中立への配慮 ?!
千葉市も政治的中立への配慮!

護憲集会の後援などを断る自治体が相次いでいます。

ピースフェアチラシ


千葉市も例外ではありません。

千葉市では1月に行われた「平和を願う市民のつどい」は、例年市の後援を受けてきましたが、今年の講演タイトルに「自民党改憲案」とあることが問題とされ、後援は受けられませんでした。

市長は短文投稿サイト「ツイッター」で「就任後、いくつかの集会に後援を出したが、政治的に中立といえない案件が散見され、明確な基準をつくろうということになった」と新基準作成の理由を説明しています。

金親市民局長は東京新聞の取材に対し
「後援とは、趣旨に賛同し応援することだ。市が憲法改正について賛成、反対どちらかを応援するわけにはいかない」と述べたと。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20140429/CK2014042902000147.html


6月9日にきぼーるで予定される「ピースフェア」file:///C:/Users/PCUser/Downloads/peacefairchirasi.pdfについては
千葉市は検討した結果・・・、後援を決めたと。
「空襲や戦争の悲惨さを歌や体験談、紙芝居などを通じて共有するイベントで、憲法とは直接関係ない」という理由で。


平和・憲法など、市民の生活の根幹にかかわる問題について、いろんな意見を出し合い、考えを深めていく
その支援をするのが行政ではないでしょうか?

「市民が自ら学習機会を提供することを良しとしないならば、
千葉市主催の憲法学習会を、公民館で行って欲しい」と
平和を願う市民のつどいの主催者でもある市川まり子さんは言っています。

鈴木明子



東京新聞(砂上麻子記者)4月17日
「市は、行事の共催や後援に関する基準を四月から変更した。従来は、共催や後援を見送るのは政治的・宗教的中立性を侵したり、営利目的のケースだったが、新たに平和関連行事を念頭に「一般的に論点が分かれているとされる思想、事実等について主観的考えを主張すると認められるとき」や「そのおそれのあるとき」を加えた。
千葉市行政 | comment(0) | TB(0) |

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。