くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
エネルギーの未来
市民風車   夢風

生活クラブ風車(秋田県にかほ市)の建設記念イベントが千葉県旭市で行われた。
「自分たちで使うエネルもの。ギーを選択できる社会にしたい」「原発で発電したエネルギーを買わない」と、2010年から取り組んでいた風車は、地元の小学生から「夢風ゆめかぜ」という名前をつけてもらって、この5月から稼働し始めている。

sP1030219.jpg
sP1030220.jpg


 
旭市滝のさと自然公園には市民が出資して作った市民風車「かざみ」がある。
夢風は「かざみ」を一回り大きくしたもの、ということで当地でのイベント開催になった。
タワーの脇には出資した市民の名前が記録されている。

市民風車1号は2001年に北海道浜頓別で始まっている。
「かざみ」は2,006年5月からの稼働で、市民風車としては9番目のもの。昨年実績では1世帯月に280kwh使うとして約782世帯分の発電をしCO2削減999t。夢風は約2倍の発電量(1400世帯分)が期待されている! 1基でです。

「夢風」から始まるエネルギーの未来

 ーー電気の共同購入を目指して


ということでNPO法人グリーンファンドの鈴木享さんの講演がありました。sP1030221.jpg


★日本のエネルギー自給率は4%。毎年20兆円を超える化石燃料の輸入となっている。

★再生可能エネルギーによる発電は、国内全電力の1%に過ぎない。(ダム式水力除く)

しかし、世界の自然エネルギーは爆発的に成長しているといいjます。2009年の実績からでも、

 ・太陽光発電は前年比53%増 設備容量 4千万kW(100万kW原発40基相当)
 ・風力発電 32%増 設備容量 2億kw(100万kW原発200基分!)
 ・太陽熱温水システム 21%増 
 ・バイオマス スウェーデンでは石油を抜いて大西のエネルギー源となる

20世紀での自動車産業の役割を、21世紀は自然エネルギーが果たすと言われています。
エネルギーについてもっと多面的に見ていかなくてはならない、という思いを強くした一日でした。



未分類 | comment(0) | TB(0) |

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。