FC2ブログ
くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
東海原発はすぐそこ
東海原発に行ってきました。
s東海第一原発・第二原発

東海村は原子力平和利用推進・核兵器廃絶宣言の町という標語が立っており、これに少し驚かされる。
原発構内には大勢の人が動いているのが見える。見学者?ではない。普段は370名程の労働者が定検中は1000名にもなると。

写真右の黒っぽい建屋が第一原発。2001年12月廃止措置(廃炉作業)に入って12年目。順調に行けばあと4年で原子炉本体の解体を予定している。廃止措置も簡単ではない。

s申し入れをする
東海第二発電所を再稼働させないこと。東海第二発電所を廃炉にすること、を申し入れた。

s相沢東海村議員


「脱原発とうかい塾」を開いている相沢一正村議の案内で地域の施設を見学した。原子力科学研究所、核燃サイクル工学研究所、東京大学原子力専攻(炉弥生)・・・。
三菱マテリアルテクでは燃料棒が作られており、今この製造を2倍にしようとしているといわれ、海外輸出分ではないかと。


コミュニティセンターが立派。したの写真がコミセン。「脱原発とうかい塾」の皆さんと交流会を持った。総面積約37平方キロメートル、人口約3万7千人の村には立派なコミュニティーセンターが6個あるという。6千人に一つの割合。

s東海村コミセン


東海村村長は脱原発を明確にしているが、議会は、まだ原発推進派が多いと。
原発現地で反原発運動をしていくのはとても厳しいなか、JCO事故後脱原発を明らかにして運動を続けてこられたことに感動させられる。それでも3.11以降は若い人に変化が見られ、活動の輪が少し広がっていると。

東海原発で何かあったら、福島原発の比ではない。即私たちにも甚大な影響となる。
1978年に運転をはじめ、既に30年を越している東海第二原発の再稼働は許せない。
東海村の相沢さんたちとも繋がり、再稼働を是非阻止したい。

鈴木









未分類 | comment(0) | TB(0) |

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。