くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
海外情報からわかる福島原発の現状
市のホームページに放射能関連情報が掲載されています。県や稲毛区にある財団法人日本分析センター、放射線医学研究所のホームページにリンクされるようになりました。
測定結果を見ますと、日本分析センターは3月15日の夕方4時から5時頃が最高で、0.732グレイ/時で、県もこの日が最高で、0.313マイクロシーベルト/時です。広瀬隆さんがテレビで紹介したドイツで作られた放射能飛散のシミュレーションを見ると、ちょうど15日は関東が風下となっており、数値と一致します。

枝野官房長官はじめテレビ、新聞で、レントゲン時などの被爆と比較して、特段心配なものではないと繰り返しています。千葉市の現在の放射線量を見る限りではそうかもしれませんが、しかし、原発周辺で最大で400ミリシーベルト/時まで上昇し他という報道もなされています。今何が飛び出しているのか、情報がないのでわかりませんが、確実に放射性物質は風に乗って拡散し、関東もその風下の範囲となっています。

福島第一原発だけでも6機あり、そのうち4機がすでに重大な事態となっており、これだけ同時多発での原発事故は、世界でも例がありません。しかもタス通信で、ロシアの核物理研究施設のシトロムバフ第一副所長は、6つの原子炉のうち5つの炉心溶融が避けがたいように見えると述べたと伝えています。

現段階ですでにIAEAなど海外の見解ではレベル6となっているにもかかわらず、わが国はこの事故をレベル4としていますが、もっと具体的数値をもって国民に伝える義務が国にはあります。パニックとならないようにということが強調され非常に情報が部分的で、まともなことを言う専門家が表面にあらわれていません。特にNHKの放送には腹が立ちます。
3月17日参議院の院内集会で、やっと東芝の元原子炉格納容器設計者である後藤政志さんが現状を説明したようです。もっと早い段階でこのような当時の設計にかかわった方たちの意見を政府がとり入れるなど出来なかったのかと悔やまれます。

また1から4号機の爆発現場の衛星写真を見るとチェルノブイリを連想せざるを得ません。しかし、チェルノブイリ原発は約100万キロワットであったのと比較し、福島原発は1から3号機だけでも200万キロワットとのことですし、使用済み核燃料も大量に存在することを考えると、これらを放出させるような事態とならないことを祈るばかりです。

チェルノブイリの事故後、30キロ周囲は高汚染で強制移住となりました。しかし200キロから300キロも離れた地域でも、その後ひどい汚染があることがわかり、多くの子ども達が発病、また知らずに汚染スポットの森に入ると失神したり、廃村となったところも多数あります。
これらの地域は原発事故の後、風下となり雨が降って、放射能物質が落ちたところです。私は、これらの地域の子ども達を健康回復を目的に日本に保養ステイで呼び寄せていました。おそらく来日した子ども達やその家族は今回の事故を大きな驚きで見守っていることでしょう。

すでに原発事故のこのような惨事を人類は経験しているわけで、そこからの教訓を学び最悪の事態も想定にいれなければなりません。現状で、炉心溶融は起きているのですから、メルトダウン、再臨界も可能性が少ないとはいえないわけです。想定に無いことでも、今回の巨大地震と津波による事故の様におきるときには起きるのですから、国は情報をしっかりと国民に伝え、最悪の場合にも対応できる態勢を整えるべきです。
長谷川ひろ美の活動日記 | comment(5) | TB(0) |

コメント

管理人にのみ表示

情報をありがとうございます。
客観的な情報を冷静に発信するのではなく、「レントゲンと同じ、大丈夫」を繰り返し、原発事故に関して何か言う人は、まるで風評被害発信者のような報道はとても無責任で危険だと思います。
昨日ほうれん草と原乳から規準以上の放射能が検出された問題も「CT1回分だから大丈夫」と言ってますが、浴びるのと食べて口に入るのを比べられるのでしょうか?
正確な情報や本当の意味で道理にかなった冷静な対応法を、こう言う時こそ市議の方々にもっともっと発信していただきたいと思います。

そんな町だったら「この町に住んでいて良かった」と町を誇りに思えるでしょう。
シン | URL | 2011/03/20/Sun 12:36 [EDIT]
レントゲンと放射性物質
仕事で工業用X線装置を取り扱っていました。レントゲン装置は電源に接続し高電圧をかけた時だけ放射線を出しますが、装置や空気中に残留するわけではありません。(発生装置自体は乗用車で運搬しても全く問題ありません。)
ですから発生源(線源といいます)から離れる(拡散減衰)、遮蔽物に身を隠す(散乱減衰)ことでその影響を軽減できます。
しかし放射性物質は常時放射線を発していますから微小な量でも体内に吸い込むと大変なことになります、本文にもありますが距離と遮蔽が「0」ゼロになるからです。
通りすがり | URL | 2011/03/22/Tue 16:38 [EDIT]
応援します
はじめまして。
長谷川さんの放射能関連の積極的な活動に敬意を感じます。

私は3児の母です。花見が丘に住んでいます。
先日、数名の母とともに、子どもの通う幼稚園の園庭の除草作業をしました。
除染が目的です。
でも、先生や他の母親の目は冷たく、失望しています。
また、除草後の草の処理、さらには、表面の土の除去、高圧洗浄機での除染をしないと心配です。
いち母親が頑張っても限界があります。

どうか、市政に訴えかけていただきたいです。
よろしくお願いいたします。
まゆ | URL | 2011/07/07/Thu 13:05 [EDIT]
まゆさんへ
コメントありがとうございます。「子どもを放射能からまもる会in千葉」を仲間と立ち上げて活動を始めましたので是非ブログを見てください。まゆさんの様に個人では周囲との軋轢でくじけそうになってしまうママさんが多いのですが、メーリングリストや「ママの集い」で仲間とつながれれば、と思っています。
長谷川弘美 | URL | 2011/07/08/Fri 14:42 [EDIT]
福島の阿部農園
連絡が遅くなり、すみません 福島のあべ農園の線量マップを頂きたいので、よろしくお願いします
阿部 一子 | URL | 2013/08/13/Tue 16:51 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。