くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
千葉県ほっとけない!
第3次男女共同参画骨子案

2003年に男女共同参画条例案は県議会最大多数の自民党により廃案とされ、
制定のないのはいまや千葉県ぐらいの状況。
(制定があったからといって社会の進歩も見えませんが)

堂本知事時代の第2次と違って、全く県民参加の手法が採られないまま、
第3次骨子案づくりがすすんでいます。
6月に骨子案が作られ、8月の推進懇話会で論議されました。
ご存じのようにこの懇話会には拓殖大学学長 渡辺利夫
埼玉大学教授・長谷川三千子、県議会議員の瀧田と男女平等に反対の人たち
日本会議系です)が、森田知事の委嘱により送りこまれています。

この骨子案がさらに彼らの意見を入れて修正され、県のホームページに載りました。
その後退ぶりは、男女共同参画社会基本法にも、女性差別撤廃条約にも反しているのではないかと思われるほどです。
一緒に考えせんか?

●千葉県骨子案の問題点とは
日時: 9月27日(月) 6:00~
場所: 自治体福祉センター(千葉県自治体職員福祉センター)4F会議室
(モノレール県庁前下車5分、県中央図書館そば本屋えるふ隣り)
講師:岡田幸子さん(懇話会委員)、高橋高子さん(弁護士)
〈内容〉
 第三次骨子案は第二次の骨子案を大きく変更しています。
 今の現状と問題点を学習し、声をあげていきましょう。
連絡先: 新日本婦人の会千葉県本部(043-251-4604)    

●私たちの声をどう盛り込むか
日時: 10月3日(日) 10:30~12:00
場所: 船橋市勤労福祉センター 2F 第2講習室
講師: 岡田幸子さん他
〈内容(案)〉 
 男女共同参画懇話会では、第二次の計画の重要な部分を削除・変更する動きがあります。
 何が進んでいるのかを知り、私たちの声をどう伝えていったらいいか、一緒に考えましょう。
主催: 男女共同参画ネットワーク


教科書の採用をめぐって

来年は千葉県では教科書の採択の年です。
教科書での表記や採用をめぐって教科書問題があります。
横浜市は新しい歴史教科書をつくる会の主張を盛り込んだ自由社で、また杉並区は同様に扶桑社の教科書採用を決めました。
いずれも首長の「個性」が際立った自治体で、
その考えが教育の現場にも反映しているのでしょうか。
(両者も派手な辞め方をして国政出馬に失敗しましたが)
横浜市や杉並区のような事態を招かないように、各地での取り組みが必要です。
「千葉県の教科書問題を考えるつどい」が開かれます。
ぜひ、ご参加ください。

日時:9月28日(火) 午後6時から
場所:千葉大学 法経学部2階第1会議室
  (けやき会館の前を通り過ぎてまっすぐ進んだ右手奥)

●教科書問題の最近の動向について 
 三輪定宣さん(千葉大学名誉教授・教育行政学)

●教科書問題についての考え方 
 三宅明正さん(千葉大学教授・日本近現代労働史、中野区男女平等推進会議学識委員)
お知らせ伝言版 | comment(0) | TB(0) |

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。