FC2ブログ
くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
議会改革は市民参加が基本!
なんのための「議会改革」?!

「議会改革って議員がするんじゃないの?」
と思う人がほとんではないでしょうか。
財政破たんが引き金で始まった、自治体の改革。
有権者は「知らされていない」から、「任せっきり」。
でも結果を住民として負わなければなりません。
(出ていくことはできますが)
また、
国のすすめる三位一体改革や地方自治は、予算の移譲や公共事業尻拭いばかり。

千葉市は熊谷市長誕生で行政による行財政改革がすこしずつ始まりました。
でも、もっとも市民の意見を代表し討議に活かすべき議会は【討議の場】でないのが現状です。
傍聴しても、市民にはなんのことやらばかり。
議員は討議よりは、会派調整に熱心。
イエローカードが出そうな千葉市の財政、
千葉市の1兆円を超える債務、今年度の270億円の収支不足も、
採決を繰り返し、行政を監査してきた議会の責任は不問のままです。
さらに議会改革検討委員会も傍聴できないという、全国的にもまれなぐらい遅れた議会…。

来年4月に市議選挙があります。
このままの市議会でいいのか、「議員任せにしない議会改革」について考えてみませんか?!

 日 時:2月4日(木) 午後2時~
 場 所:花見川ネット事務所
 参 加:資料コピー代
    (資料準備のため参加連絡を2/4朝までに)
 内 容①ニセ議会基本条例講演報告
    ②『地方議会改革マニフェスト』
    ③国立市民による「議員の通信簿」など市民の動き

また、日本の地方議会は「二元代表制」という市民の直接参加が本来求められていますが、
「日本などと一部でしか採用されていない」という声も。
でも、世界の地方自治や議会はどれひとつ同じなのはありません。
 地方自治制度調査会 資料⑦
 
お待ちしています!!
お知らせ伝言版 | comment(0) | TB(0) |

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。