くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
セーフコミュニティーオペラ「泣いた赤鬼」
「オペラで地域交流」!花園中学校体育館で、

P1050954.jpg

P1050952.jpg
P1050953.jpg

開催に奔走した「風の丘HALL」主催者、大沢ミカさん。
14年かけて願ってきた「オペラで地域交流を」と言う思いが、この泣いた赤鬼で、一つの到着点として夢がかないました。と栞に書かれています。花中の他打瀬小学校でも午後行われる予定です。

新築間もない(5年位前に完成)中学校を開放してのオペラ上演、
今までになかったこと!

花見川区は地域が広く、人の集まる適当な場所が本当にありません。
花園中学校は新検見川駅に近く、場所としてはかなり良い位置にあります。
とは言うものの、
中学校管内に住んでいても、バスでの移動が難しいなか、駐車場は必須になります。

今回車禁であったけれど、次回は少しでも使えるようにしていただければ、参加者も増えるのではないでしょうか。

暑くて観客より出演者の方々は本当に大変だったと思いますが、ありがとうございました。
遠回りなようだけれど、こういう場所で顔を合わせあうことで、地域のセーフコミュニティはつくられると思います。

                                                                鈴木明子
スポンサーサイト
今、花見川区で起きてる事 | comment(3) | TB(0) |
page top
花見川団地商店街無料自転車送迎
花見川団地での新しい地域活性化事業
NHK・新聞各紙で取り上げられている、無料自転車送迎をぜひ知りたいと思い、花見川団地を訪ねました。

送迎自転車運転中

百聞は一見に如かず。上の写真が自転車です。後ろに運転席が付いています。乗客2名ですが、アシストもついており、無理なくこぐことができます。今日は商店街振興組合専務理事の越後昌文さんが運転してますが、普段は女性の有償ボランティアの運転です。

高齢化の進む団地では、一人暮らしの高齢者も増え、孤独死も増えています。
「孤独死を無くしたい」「できるだけ長く元気に団地で過ごすことができるようにしたい」
という切実な思いから考え始めたといいます。
そして3年、ようやく「無料送迎自転車送迎」が始まりました。

ですから、品物だけでは運びません。これは人に外へ出かけてもらう自転車なのです。

休日は水曜日、日曜日そして雨天。
行きは、運動をかねて歩いても、買い物の後には重い荷物を持って歩かなくてもよくなります。
今年2月に始まったばかりで、今は買い物帰りの人に利用を促しているそうですが、とても喜ばれると。

これで商店街の売り上げも是非増えるといいですね。

送迎自転車

この車椅子、若葉区の車いすメーカーへの特注です。格好よく作ってもらいました。一台80万円!
40万円は千葉市の商店街活性化事業支援としての補助。
しかし他の補助金一切なく、運転資金(年間約100万円)はすべて商店街の持ち出しになります。

そもそもの始まりは高齢者の出かける機会を作りたい、という高齢者福祉的動機。
武蔵村山市都営村山団地では、コミュニティづくりや福祉、商業振興、地域活性化に寄与ということで、2年前から補助金年間200万円を得て無料自転車を走らせているそうです。

千葉市も市民との協働事業を増やすことになっています。
是非こういう事業への支援をしてほしいと思います。

花見川団地商店街コミュニティプラザ

このほか商店街組合ではコミュニティプラザというオープンスペースを持っており、
写真展を開いたり、自由に使えるようにしています。(有料)
また、おもちゃの修理屋さんも毎週土曜日午後に開いています。まったくのボランティアで安価。
ここで修理したおもちゃを、被災地へたくさん届けたというお話も聞きました。

花見川団地商店街、また行ってみたくなる商店街でした。

鈴木明子




今、花見川区で起きてる事 | comment(0) | TB(0) |
page top
ほっと寄席
3月9日
花園自治会館で、生の<寄席>が!

会場は超満員。ほっと花園主催の「ほっと寄席。
ほっと花園は花園中学校区を中心と地域支え合いをお手伝いする友達の輪。ほっとするまちにしたいというほっとな思いで、昨年10月から23年度千葉市支えあい体制づくり助成事業として活動開始。寄席のほか、ジャズ演奏会など開催。地域の皆さんの楽しみに定着しています。

...落語は二つ目に昇進した春風亭吉好さん

春風亭吉好 (2)

講談は、神田真紅さん
生の迫力に会場は大うけです。
神田真紅

被災地支援の南三陸生わかめもたくさん売れていました。

三陸わかめ

鈴木明子
今、花見川区で起きてる事 | comment(0) | TB(0) |
page top
明日の種 
以前紹介した、長作にオープンした「明日の種」は

「食」や「リサイクル」を通して、障がいをもつ人も、もたない人も
生き生きとはたらける場所を作ります!


高らかに宣言し、動き始めています。

明日の種看板

2月のイベントは、明日の種が目標とする「あだちファクトリー物語」上映とお寿司メニューの試食会

あだちファクトリーは,NPO WEL'S 新木場の企業内授産施設。2010年開業。http://www.wels.jp/staffblog/archives/
******
WEL'S 新木場の活動方針
「WELCOME!」 「WELLNESS!」 「WELFARE!」
この3つを合言葉に、ノーマライゼーションの理念の下、「誰もが安心して楽しく生きがいのある生活を送れる豊かな社会を創造すること」を私たちの使命としています。

関わるみんなのハッピーのために次のことを心得て行動します。
その行動は、障がいのある人のためになっているか
その行動は、企業の期待に応えているか
その行動は、家族に喜ばれているか
その行動は、地域社会が賛同するか
その行動は、自分自身を成長させられるか
*****
若い支援員たちの、障がい者一人一人と真剣に関わる姿に感動させられます。

「明日の種」理事長の組田さんは、就労者の工賃を少しでも上げるために、ランチに寿司を始めようとしていて、今回はその試食会でもありました。
明日の種板前さんと

お寿司も、板前さんがその場で握ってくれる本格的なもの。とてもおいしかったけれど、室内の手作りの品々に囲まれて雰囲気も落ち着いています。
P1040125.jpg

この、若い女性たちの蒔いた「明日の種」が大きく育つよう、陰ながら応援していきたい、と一緒に行った皆で同じ思いを持ちました。


鈴木明子
今、花見川区で起きてる事 | comment(0) | TB(0) |
page top
長作町に就労継続支援B型作業所がオープンします
千葉県ネット元気ファンドに応募している「明日の種」の見学に行ってきました。

<県ネット元気ファンドは、市民社会を豊かにしようと地域で活動している市民団体・市民事業や、意欲ある女性や市民による地域政党の立ち上げを支援するもので、年に1回・総額2百万円(最高額50万円)を助成しています。今年度は17件の応募がありました>

花見川区長作町にまもなくオープン予定の「明日の種」。3つの障害(身体・知的・精神障害)対象の通所作業所です。「食」に関する就業プログラム――調理・接客・野菜栽培・自家製堆肥つくりの他、「リサイクル」に関する就労プログラムを予定しています。レアメタル回収もその一つです。
就労継続支援と就労移行支援合わせて20名ほどの施設になります。
ご利用希望の方はぜひご連絡してみてください。只今募集中です。明日の種http://www.ashitane.jp/

sP1030841.jpg

下の写真は、「明日の種」代表理事の組田香織さん41歳。

組田香織さん2012.10。23共進

3人の子供の母親であると同時に、義父の起こしたリサイクル事業「共進」の代表でもあります。共進はペットボトルの回収など市内を回っている会社です。この会社ではもともと障害者雇用を続けていました。

組田さんは会社代表となる前には生活クラブの理事をされており、その間に六ヶ所村ラプソディー上映実行委員にも取り組んだそうです。その時の実行委員会の仲間で「明日の種をまく会」を作って活動していたそうです。2011.3.11の震災を契機に「子育て支援、障害・高齢者支援をするコミュニティビジネスをしよう」ということになり、自分の会社と繋がり、会社も一会員として参加する企業組合、という千葉県では初めての形で福祉サービス事業を行うことになったそうです。

「明日の種」が、芽を出し、すくすくと成長していくよう、応援していきたいと思います。


今、花見川区で起きてる事 | comment(0) | TB(0) |
© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。