くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
放射能測定
6月23日(月)
み春野公園・鷹の台公園・横戸公園・こてはし台調整池の放射能測定を行いました。
福島原発事故以来放射能測定を続けてきましたが、今回2年ぶりの測定です。
こてはし台調整池は雨水が流れ込み、放射能が溜まりやすい構造になっています。

20140623こてはし台調整池測定中

市民の憩いの場として中には木道があります。子どもたちはザリガニ採りに夢中でした。

20140623放射能測定子どもたち

1μ㏜を超えるところはなく、一昨年と比べると、確かに低くなっています。
しかし、木道上では、50cm高さで0.2μ㏜以上を示す箇所も多く、高いところでは0.6μ㏜、
土の上では0.8μ㏜(5cm高さ)、を示すところもありました。

20140623下りるなの看板

ずっと前に立ててもらった看板がまだそのままです。理由は書かれていません。
子どもたちのザリガニ採りはやめさせたい。

横戸公園・鷹の台公園・み春野公園の測定結果です。

一般的には下がっていますが、調整池の入口、傾斜の下方などは
常に流れ込む物があるため、線量は下がり切りません。
注意しておきましょう。

放射能値の変化

放射能値変化表

行政にも報告する予定です。
ホットスポットファインダーによる測定記録など、「子どもをまもる会in千葉」
http://protectchildren311.blog.fc2.com/ をご覧ください。       
鈴木 明子









スポンサーサイト
花見川ネット地域活動 | comment(0) | TB(0) |
page top
秘密保護法を廃止へ 
秘密保護法を廃止へ!

なにが秘密かわからない秘密保護法、
昨年末、どたばたと強行採決された、
戦前の治安維持法よりひどいと言われる秘密保護法
みんなの一筆で、
秘密保護法を廃止する法律を制定させよう!

2月3日秘密保護法署名活動

今年の1月から、月2回、新検見川駅で署名活動をしている。
進んで署名してくれる人もいて、心強い。
一人ひとりの気持ちが社会を変えていくのだと信じる。
一人一人の行為が地域の雰囲気を変えていく。

鈴木明子
花見川ネット地域活動 | comment(0) | TB(0) |
page top
花見川通信84号発行
花見川ネット通信84号を発行しました。

9月議会では、花見川図書館分館が瑞穂地区にできることになる朗報もありました。
また、2面には市民ネットワーク主催放射能学習会の青田由幸さんの講演内容を掲載しました。
ご質問・ご感想ありましたらお願いします。

画像をクリックすると拡大します。
873net84a-1.jpg

873net84b-1.jpg

鈴木明子
花見川ネット地域活動 | comment(0) | TB(0) |
page top
憲法学習会
花見川学習会へのお誘い

憲法が危ない!
何とかしなくては!何かをしたい!


自民党が憲法をまったく変えようとしている今、私たちできることはないのだろうか?
私たちは、今まで憲法をどれだけ知り、活かしてきただろうか?
なすすべなく、見ていていいのだろうか?

そんな思いから始まった花見川学習会。月に1回のペースで今回は4回目。
チューター制です。

どなたもお気軽に参加してください。
自分たちの考えていることを、お互いに聴きあい、共有する機会にもなります。

7月18日13時30分より
場所 オープンスペースゆい
   千葉市花見川区花園2-8-15第一日南花園ハイツ
オープンスペースゆい地図

鈴木明子
花見川ネット地域活動 | comment(0) | TB(0) |
page top
再生可能エネルギーの可能性
さろん花園・市民ネットワーク花見川共催講演会
再生可能エネルギーの可能性
「ドイツとデンマーク 自然エネルギー政策」

4.11再生可能エネルギー学習会


4月11日、昨年ドイツ・デンマークの自然エネルギー視察訪問した大野博美さん、伊藤とし子さん(ともに佐倉市民ネットワーク市議)を招いての学習会を花園地区自治会館で行いました。

今回は、「市民による市民のための地域交流・学習会」をすすめる「さろん花園」との共催。参加者の自然エネルギーに関する意識も高く、質問も活発に出され、充実した会になりました。 

**************

伊藤さん、大野さんがこの日の講演会のために用意してくれた資料の多さにびっくり。パワーポイントだけでなく、動画も取り混ぜてのわかりやすい説明でした。

最初に伊藤とし子さんからドイツの脱原発政策・現状について
国の政策が積み重ねられて、自然エネルギーが拡大したことを納得。

大野ひろみさんからはデンマーク・ロラン島の報告。
1973年オイルショックの時、化石燃料には頼れないとしてロラン島に原発建設計画ができた。
しかし、島民は「自分たちのエネルギーについて自分たちで考えたいので、3年間建設計画を待って欲しい」
と国に訴えた。

政府の原子力委員会の委員長は、原発推進派・反対派の意見をまとめた冊子を作り、メリットデメリットをわかりやすく説明・・・。住民は原発はいらないと決めた。今では自然エネルギーを輸出するまでになった。・・・ロラン島についてはこちらをご覧ください。。風力発電
なんて理性的!

そう、我が国の原発政策には理性がありません。

今、日本でも市民電力会社が続々と設立されているそうです。
大手電力会社の原子力や化石エネルギーによる発電に頼ることなく、市民の手で作る、再生可能エネルギーで、過酷な事故なく過ごす道を進みたいものです

鈴木明子
花見川ネット地域活動 | comment(0) | TB(0) |
© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。