くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
福島第一原発がもたらすもの 今、そしてこれから
~子ども・被災者支援法の課題、健康問題、原発事故訴訟~
2月1日(土)9時40分~12時15分
主催:福島支援に向けたフォーラム実行委員会

生協3団体・市民団体3が繋がり、フォーラムを開催しました。
千葉における福島支援に向けた大きな動きといえます。

20140<br />201吉野さん・満田さん
左吉野裕之さん、右満田夏花さん

吉野裕之さんは「福島被災地は今、・・・在住子ども支援から見える課題」
ご自身のお子さんは京都へ避難しており、一人福島に残って在住する子供たちの支援を行っている優しいお父さん。

0才だった子どもは3才に、1才だった子どもは4才に、3才だった子どもは6才に。
この3年間の影響はそれぞれに大きく表れている。
子どもが自分の力で健やかに成長発達できる「子供期」を確保しなければならない。
著しく子どもの権利が損なわれた状態にある。
被災地で今必要とされる子ども支援
①現状把握       子どもの生活を反映した「50cmでの放射線量測定」
②クールエリアの獲得 「通学路除染」
③理知的な被ばく回避  「日常的な運動の量と質の確保」
④自然体験       リフレッシュキャンプなど
⑤健康被害の未然防止  甲状腺以外の検診
⑥選択可能性の保持   避難・疎開を含み選択のバリエーションの確保 

満田さんは 国際環境NGO「FoE Japan]理事。脱原発・エネルギー担当。
「子ども・被災者支援法」基本方針が昨年10月やっと閣議決定されたが、支援対象地域を33市町村に限るなど、各自治体からも不満の強いものだった。千葉県市町村からも多くの意見書が上がった。これは市民が声をあげたから。
法律が存在していることは事実。地道に行政と対話を重ねながら、民間団体や自治体レベルの支援実績を国レベルの施策に反映させていくことが必要。 

20140201土谷さん
土谷良樹さんは、東葛病院内科医師。
チェルノブイリ事故後の健康被害についての詳細な報告をされた。最後に、昨年12月に成立した「がん登録推進法」が、今後がんの発症状況を把握しにくくなるのではないか、との懸念を示された。

しらべてみると、項目の一つに、「情報の適切な管理。目的外利用の禁止。秘密漏示等の罰則。開示請求等は認めない。」とあった。更に秘密保護法が加わる!福島原発事故以後の健康被害を見えにくくすることにもなる。

20140201福武さん
最後は、福武公子弁護士「弁護士から見た福島第一原発事故における国や東電の責任」
現在行われている裁判について、裁判を起こした人の気持ちなど具体例で話され、身近に感じることができた。
「原発事故はいかに高くつくのか?しっかりと明確にしていく。
「法律を作っても中身がなくなることがある。子ども・被災者支援法を作ったのだから膝下れやれという声を出し続けていくことが大切」と。

****
具体的な課題を提示されたフォーラムでした。
主催)
自然エネルギーの会・生活クラブ虹の街・千葉市民放射能測定室「しらベル」なのはな生協
生協パルシステム千葉・放射能からこどもを守ろう関東ネット

鈴木明子
スポンサーサイト
原発・エネルギー問題 | comment(0) | TB(0) |
page top
千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会(仮称)設立準備会
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

なかなか厳しい年明けと、身が引き締まります。
2月15日には、市民ネットワークちば定期総会を控えており、
区ネットも昨年度活動の振り返り、新年度計画策定中です。

はたらく者にとっても厳しい時代ですが、
子どもたち、ハンディを持つ者にはより厳しい時代です。
子どもたちの未来をまもり、障がい福祉団体、地域諸団体とも連携した活動を組んでいきます。

*****
市ネット主催学習会 
「秘密保護法の廃止に向けてできること」
~秘密保護法の次は共謀罪?~
講師 広瀬理夫さん(弁護士)
1月23日(木)13時半~15時半

場所 市民ネットワーク千葉県会議室
   中央区中央40ー10-11 iビル4F
*****
花見川ネット1月の予定

1月23日(木)10時半~ 花見川学習会 安全保障について
        於)オープンスペースゆい 資料代300円

1月26日(日)14時半~ 花見川ネット新春のつどい
           議会報告とこれからの活動について
        於)花園自治会館
● 「秘密保護法廃止へ」署名活動にご協力よろしくお願いします!

*********
1月8日には
「千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会(仮称)」設立第1回準備会が
千葉市中央区にある弁護士会館で開かれました。
国の方針で、千葉県内にも放射性廃棄物最終処分場がつくられるのではないかと報道され、
場所についてもいろいろ取りざたされています。
しかし放射性廃棄物の安全な最終処分場が日本につくることができるのか?大いに疑問です。

一方柏、松戸、流山3市からのごみの焼却で発生した8000ベクレル超の汚染灰は
手賀沼終末処理場内に作られている倉庫テントに保管されている。
安全とは言い難い。

今後、県内各地で活動する住民団体などが地域の課題を共有し、行政に何も働きかけられるか、
ともに考え、行動していくことになります。
原発・エネルギー問題 | comment(0) | TB(1) |
page top
ソーラーシェアリング実証実験場見学
11月19日ソーラーシェアリング実証実験場見学
子どもを放射能からまもる会in千葉の呼びかけで市原まで行ってきました。

20131119ソーラーシェアリング (3)

農作と太陽光発電を両立させるシステム

写真は市原皆吉にある、畑の空間に設置されたソーラーパネル。
ソーラーシェアリング、土地とパネルで太陽光を2対1でわけあう。
パネルのサイズを通常より幅狭く(約30cm×120cm)することで、雨・日差しの土地へのむらを少なくしているのがみそ。

食物の光合成は太陽の当たっているところではなく日陰で行われていることを証明する実験データも揃え、
実際の食物の生育データをまとめることにより、農林水産省の許可得たのが今年の4月。

すでに、全国数か所で大規模設置が始まっている。

かつて農業はエネルギーと農作物を生み出していた。ソーラーシェアリングをすることにより、農業生産も続けながらエネルギーも生み出すことを再び実現する。

10年前よりこの活動をしてきた長島彬氏の努力が報われた。
左端が長島彬さん
CIMG1408 - コピー

鈴木明子
原発・エネルギー問題 | comment(0) | TB(0) |
page top
忘れない3.11 at 千葉中央公園
3月11日 忘れない3.11

各地でいろんな取り組みがされました。千葉市内でもこの平日の月曜日に中央公園で浪江町役場生活支援課の方も来てイベントが行われました。

浪江町B級グルメとして名高い浪江町焼きそば。超太っちょ麺の濃厚たれともやしたっぷりの焼きそば。
千葉へ避難している方も「おれがやらなきゃ」と飛び入り参加。
地元の方が腕を振るう

少し風は強かったけれど、市川、印西など県内に住む浪江出身の方たちの交流会になりました。
浪江町のかたも交流会

このイベント、千葉大ボランティア活動支援センターの協賛もあり、千葉大生のボランティアの取り組みを紹介したパネル展もありました。
千葉大学ボランティア活動支援センター

なの花交通も協賛。ボランティアバスも登場、千葉駅から会場までの送迎運行もありました。
現在も毎週末金曜日夜行で南三陸へ行き月曜早朝に戻る、ボランティアバスは運行中だそうです。参加費1万円、食事とお風呂のサービスが付きます。現在の作業は、海のがれき撤去が主なものだそうです。
なの花交通ボランティアバス

日々記憶は薄れていくのが常であるけれど、この大震災、原発事故を忘れないようにするにはどうしたらよいのでしょう?

花見川ネットでは、避難者との交流を続けて行こうと考えています。
4月27日には、「結の市」に参加、浪江町の焼きそばつくりに挑戦します。


鈴木明子
原発・エネルギー問題 | comment(0) | TB(0) |
page top
福島原発告訴団・関東 報告会 &第二次告訴、告訴声明
第2次告訴人は13262人!
福島原発第二次告訴状提出

福島原発告訴団ん・関東の報告会が阿佐ヶ谷の杉並区産業商工会館で行われました。小雨降る中200名以上が集まり、会場は立ち見、床すわりもでる満員状態。

11月15日に福島地検に提出された告訴状は、12月21日無事受理されました!関東で6000人を超え、千葉は1032人。東京が2390人、神奈川1122人、静岡901人、愛知800人と続きます。千葉県の目標1000人を超えることができてほっとしました。
事務局長の白崎朝子さんは、
「福島の対応は子どもたちへの究極の虐待につながる。このまま許すことはできない。憲法25条の生活権と、尊厳ある生活を取り戻す権利、を取り戻す!」と熱く発言された。

保田弁護士からは、
「現在福島地検が被害状況を、東京地検が過失責任を担当しているようだが、東電関係者の捜査は任意となっているようだ。強制捜査が行われなければ起訴は難しい状況。一次、二次合わせて1万4千人を超す告訴人の圧力と世論の力で起訴まで進めたい。」

武藤類子さんは、
「この間全国約50箇所位を回って講演活動を行ってきた。この国を変えたい。若い人に責任を取らなくてはいけない、という多くの人たちと出会った。この告訴が意味を成すまでにまだまだやることがある。冬至を過ぎたら、どんどん明るくなるだけ。新たな運動の提起をしていきたい。
と力強く話された。


選挙の後元気の出ない気持ちでしたが、お尻をたたかれた思いです。私たちも、告訴したからにはしっかり責任を取らせるまで、検察庁の動きをしっかり注視していきましょう。


2012年11月15日木曜日「福島原発告訴団第二次告訴」告訴声明
今日、私たちは、「福島原発事故の刑事責任を糾す」ため、
6月に立ち上がった1324人の福島の人々に続き、福島地方検察庁に告訴を行いました。

北は北海道、南は沖縄まで、全国から13262人が、
力をひとつに合わせ、怒りの声を上げました。

私たちは、原発事故により、故郷を離れなければならなかった者。
私たちは、変わってしまった故郷で、被曝しながら生きる者。
私たちは、隣人の苦しみを我がこととして苦しむ者。
そして私たちは、
経済や企業や国の名のもとに人々の犠牲を強いるこの国で繰り返される悲劇の歴史に、
終止符を打とうとする者たちです。

・この事故はどうして引き起こされたのか。
・そしてなぜ被害を拡大するようなことが行われたのか。
私たちは真相を究明し、今も続く原発事故の被害を食い止めなければなりません。
責任を負うべき人々が責任を負い、過ちを償うことができるよう、
民主主義社会のしくみを活かしていかなければなりません。

私たちは、深い憤りと悲しみの中から、
今回の告訴という行為の中に、未来への希望と、人と社会への信頼を見出します。

私たちはもう一度、その意味の深さを思い起こします。

・事故により引き裂かれた私たちが、再びつながり、力と尊厳を取り戻すこと。
・この国に生きるひとりひとりが大切にされず誰かの犠牲を強いる社会を変えること。
・これらを実現することで、子どもたちや若い人たち、未来世代の人たちへの責任を果たすこと。

声を出せない人々や生き物たちと共に在りながら、
決してバラバラにされず、つながりあうことを力とし、
怯むことなくこの事故の責任を問い続けていきます。


2012年11月15日 「福島原発告訴団」第二次告訴 告訴人一同
原発・エネルギー問題 | comment(0) | TB(0) |
© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。