くらしと政治をつなぐ市民ネット花見川。新検見川駅前を拠点に活動中!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | |
page top
「自転車の安全な利用をすすめるための条例」提案に向けてのご意見募集
市民ネットワークでは、今期、議員発議の条例提案を目指して「条例づくり勉強会」を続けてきました。いくつかのテーマについて条例提案の可能性を探ってきましたが、今回「自転車の安全な利用をすすめるための条例」(案)をまとめることができました。

これまで自転車は、まちづくりや交通の変化の中で置き去りにされてきた感があります。

全国の2009年の自転車が関係する交通事故は、15万6,373件で、交通事故全体の約21%を占めています。5年連続で前年比マイナスではありますが、10年前と比較すると1.2%の増となります。この傾向は千葉市でもほぼ同様です。

今後は、健康への志向から、また環境への負荷も少ないことから、自転車の利用を進めていくことは時代の要請でもあると考えられます。

2007年の道路交通法の改正に伴い決定された「自転車安全利用五原則」では「自転車は車道が原則、歩道は例外」と謳われていますが、これまで「歩道通行が当たり前」のような風潮もあり、これからの意識啓発は大きな課題です。
これからは、街中で自転車と高齢者が遭遇する機会が増え、高齢者自身が自転車を利用する機会も増えると思われます。
自転車事故の加害者となって高額の補償を求められる事案も見られますが、市民の中にそれに備えた保険加入はまだまだ進んでいません。また自転車が安全に走行できる道路環境の整備もまだまだこれからです。

私たちは千葉市に「自転車の安全な利用をすすめるための条例」を策定することによって、これらの問題を解決し、多くの市民がより快適に自転車を利用することのできる千葉市にしたいと考え、条例を提案するものです。

皆さまのご意見をお寄せ下さい。
ご意見募集期間 11月2日(火)~11月20日(土)
市民ネットワークちば事務所までメール、郵送でお送りください。

>> 市民ネットワークちば事務所連絡先

(条例案の内容について、以下のつづきをご覧ください)
つづきを表示
スポンサーサイト
お知らせ伝言版 | comment(0) | TB(0) |
page top
千葉県ほっとけない!
第3次男女共同参画骨子案

2003年に男女共同参画条例案は県議会最大多数の自民党により廃案とされ、
制定のないのはいまや千葉県ぐらいの状況。
(制定があったからといって社会の進歩も見えませんが)

堂本知事時代の第2次と違って、全く県民参加の手法が採られないまま、
第3次骨子案づくりがすすんでいます。
6月に骨子案が作られ、8月の推進懇話会で論議されました。
ご存じのようにこの懇話会には拓殖大学学長 渡辺利夫
埼玉大学教授・長谷川三千子、県議会議員の瀧田と男女平等に反対の人たち
日本会議系です)が、森田知事の委嘱により送りこまれています。

この骨子案がさらに彼らの意見を入れて修正され、県のホームページに載りました。
その後退ぶりは、男女共同参画社会基本法にも、女性差別撤廃条約にも反しているのではないかと思われるほどです。
一緒に考えせんか?

●千葉県骨子案の問題点とは
日時: 9月27日(月) 6:00~
場所: 自治体福祉センター(千葉県自治体職員福祉センター)4F会議室
(モノレール県庁前下車5分、県中央図書館そば本屋えるふ隣り)
講師:岡田幸子さん(懇話会委員)、高橋高子さん(弁護士)
〈内容〉
 第三次骨子案は第二次の骨子案を大きく変更しています。
 今の現状と問題点を学習し、声をあげていきましょう。
連絡先: 新日本婦人の会千葉県本部(043-251-4604)    

●私たちの声をどう盛り込むか
日時: 10月3日(日) 10:30~12:00
場所: 船橋市勤労福祉センター 2F 第2講習室
講師: 岡田幸子さん他
〈内容(案)〉 
 男女共同参画懇話会では、第二次の計画の重要な部分を削除・変更する動きがあります。
 何が進んでいるのかを知り、私たちの声をどう伝えていったらいいか、一緒に考えましょう。
主催: 男女共同参画ネットワーク


教科書の採用をめぐって

来年は千葉県では教科書の採択の年です。
教科書での表記や採用をめぐって教科書問題があります。
横浜市は新しい歴史教科書をつくる会の主張を盛り込んだ自由社で、また杉並区は同様に扶桑社の教科書採用を決めました。
いずれも首長の「個性」が際立った自治体で、
その考えが教育の現場にも反映しているのでしょうか。
(両者も派手な辞め方をして国政出馬に失敗しましたが)
横浜市や杉並区のような事態を招かないように、各地での取り組みが必要です。
「千葉県の教科書問題を考えるつどい」が開かれます。
ぜひ、ご参加ください。

日時:9月28日(火) 午後6時から
場所:千葉大学 法経学部2階第1会議室
  (けやき会館の前を通り過ぎてまっすぐ進んだ右手奥)

●教科書問題の最近の動向について 
 三輪定宣さん(千葉大学名誉教授・教育行政学)

●教科書問題についての考え方 
 三宅明正さん(千葉大学教授・日本近現代労働史、中野区男女平等推進会議学識委員)
お知らせ伝言版 | comment(0) | TB(0) |
page top
議会改革は市民参加が基本!
なんのための「議会改革」?!

「議会改革って議員がするんじゃないの?」
と思う人がほとんではないでしょうか。
財政破たんが引き金で始まった、自治体の改革。
有権者は「知らされていない」から、「任せっきり」。
でも結果を住民として負わなければなりません。
(出ていくことはできますが)
また、
国のすすめる三位一体改革や地方自治は、予算の移譲や公共事業尻拭いばかり。

千葉市は熊谷市長誕生で行政による行財政改革がすこしずつ始まりました。
でも、もっとも市民の意見を代表し討議に活かすべき議会は【討議の場】でないのが現状です。
傍聴しても、市民にはなんのことやらばかり。
議員は討議よりは、会派調整に熱心。
イエローカードが出そうな千葉市の財政、
千葉市の1兆円を超える債務、今年度の270億円の収支不足も、
採決を繰り返し、行政を監査してきた議会の責任は不問のままです。
さらに議会改革検討委員会も傍聴できないという、全国的にもまれなぐらい遅れた議会…。

来年4月に市議選挙があります。
このままの市議会でいいのか、「議員任せにしない議会改革」について考えてみませんか?!

 日 時:2月4日(木) 午後2時~
 場 所:花見川ネット事務所
 参 加:資料コピー代
    (資料準備のため参加連絡を2/4朝までに)
 内 容①ニセ議会基本条例講演報告
    ②『地方議会改革マニフェスト』
    ③国立市民による「議員の通信簿」など市民の動き

また、日本の地方議会は「二元代表制」という市民の直接参加が本来求められていますが、
「日本などと一部でしか採用されていない」という声も。
でも、世界の地方自治や議会はどれひとつ同じなのはありません。
 地方自治制度調査会 資料⑦
 
お待ちしています!!
お知らせ伝言版 | comment(0) | TB(0) |
page top
人として安心して暮らせるとは…
人の命を守る、その最低限をするのは行政の役目
岩手県沢内村深沢村長の「生命行政」
映画【いのちの山河】

故郷の雪景色恋しさに、ふと映画を観に行きました。
沢内村は、1960年代に、日本で初めて、
乳児死亡率をゼロ、また老人医療無料化をした村として有名で、
それを実行した村長も然り、伝説のように語られ続けています。
しかし、
それがどういう経緯で、またどんな人だったのかよく知らずにいました。

この映画には、
沢内村からいくつもの流れがあふれ出ていました。
それは、当時の村の若者にとっての民主主義憲法の力。
また中国で人民裁判から命を逃れた、深沢村長の村と民主主義への想い。
また村にとってのあるべき行政や議会の姿。
さらには、貧乏、貧困、環境の厳しさとの共存。

1歳前に7割の赤ちゃんが命を落とす村は、
高齢になると食いぶちを減らすために老人が自ら命を断つ村でもあり、
貧困のため、嫁と姑のいさかいは絶えず、
雪で半年、外界から閉ざされるため、村の経済はなりゆかない。
そんな貧困から抜け出すための、村長と行政、村民との姿が描かれています。

【地域包括医療】。
いまではよく聞く言葉ですが、沢内村では当時すでに使われ、ここに福祉や村の公共事業もリンクしていきます。
国、県、議会は、前例がないと貧困に手も差し伸べてくれないのですが。
人として生きていくために、命の安心を得られること、そこに行政が最初に手を差し伸べてくれること。
それが、生命尊重の自治の原型なのではと思いました。

★上映は全国自主上映です。
 日程はオフィシャルサイトをご覧ください。
 (千葉県内の春までの予定)
千葉市
   1/26(火) ①14時00分~ ②18時30分~ 
   千葉市生涯学習センター・ホール(中央図書館と同じ建物)

  1/16(土) 松戸市民会館
  2/28(日)東金文化会館
4/9(金) 佐倉市民音楽ホール
4/17(土) 柏市民文化会館

★市民ネット千葉県に協力券があります、会員は問い合わせください。
★また、この深沢村長の遺志を受け継いだ、各地での取り組みがドキュメンタリーとして公開中です。
 「いのちの作法」「葦牙(あしかび)」サイト
 (あ)
お知らせ伝言版 | comment(0) | TB(0) |
page top
被爆体験を聞く会
被爆体験を聞く会のお知らせ

日時  10月4日(日)午後2時から

会場  朝日ケ丘公民館 2階 講義室

参加費  無料

主催  西小中台地域9条の会


花見川区宮野木台にお住まいのご夫妻から、被爆体験を伺います。
64年前お二人は広島で被爆され、ご家族を亡くされています。
国連で核軍縮の動きが始まっている今日、このお話を聞くことに
大きな意義を感じます。
皆さま、ご参加ください。

西小中台地域9条の会
お知らせ伝言版 | comment(0) | TB(0) |
© 市民ネットワーク花見川  . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。